グレインフリーを選択しよう

全ての猫に共通することではありませんが、穀物を使用したキャットフードはアレルギーを引き起こす可能性が高くなります。今では通販などでグレインフリーのキャットフードが販売されています。グレインフリーとは、キャットフードに穀物を一切使用していないことを意味します。

猫のアレルギーに配慮しているキャットフードの多くはグレインフリーです。もし穀物が原因でアレルギー症状を引き起こしているのであれば、グレインフリーの食事に変更することで改善できる可能性があります。また、おやつなどを与えている飼い主さんも多いですが、もし穀物が原因でアレルギー反応が見られる時は、おやつに使用されている原料を確認してとうもろこしや小麦などの穀物が含まれていないものを選択するようにしましょう。

グレインフリーはアレルギーに対して効果を期待できるキャットフードですが、その他にも消化不良の解消や、肥満予防などの対策も行えます。消化が悪いものを食べていると腸内環境が悪化し、そこからアレルギーに発展する子も珍しくありません。アレルギー反応が出ている子の中には腸内環境が悪化している子もいるので、グレインフリーのキャットフードを与えることで改善が期待できます。