キャットフードを選ぶ際のポイント

基本的に猫のアレルギー対策をするためにキャットフードを購入する方の多くは、グレインフリーの製品を選択することがになりますが、その他のポイントも把握しておくと、飼っている猫に適しているキャットフードを選択しやすくなります。

そのポイントは良いタンパク質が使用されているキャットフードを選択することです。良質なタンパク質を日頃の食事で補うことによって、猫の体にかかる負担を少なくして免疫力を高めることが期待できます。猫においても歯周病などを発症する可能性がありますが、日頃の食事で蓄積した歯石が原因となる場合もあり、普段から気をつけていても加齢が原因で歯周病を引き起こす可能性が高くなります。アレルギーだけでなく、歯周病などの予防ができることも考えて、食事を見直してみるのも大切なことです。

その他のポイントとしては無添加のものを選択することです。無添加とは保存料などが入っていないことを示しています。添加物が混入されていれば、その分猫の内蔵に与える負担は大きくなります。意外に思われる方もいますが、ホームセンターなどで販売されているキャットフードの中には添加物が含まれているものも少なくありません。無添加を選択すればガン発生率のダウンなどを期待することができるので、アレルギー予防と平行して健康的なキャットフードを選択されてみてはいかがでしょうか。

グレインフリーを選択しよう

全ての猫に共通することではありませんが、穀物を使用したキャットフードはアレルギーを引き起こす可能性が高くなります。今では通販などでグレインフリーのキャットフードが販売されています。グレインフリーとは、キャットフードに穀物を一切使用していないことを意味します。

猫のアレルギーに配慮しているキャットフードの多くはグレインフリーです。もし穀物が原因でアレルギー症状を引き起こしているのであれば、グレインフリーの食事に変更することで改善できる可能性があります。また、おやつなどを与えている飼い主さんも多いですが、もし穀物が原因でアレルギー反応が見られる時は、おやつに使用されている原料を確認してとうもろこしや小麦などの穀物が含まれていないものを選択するようにしましょう。

グレインフリーはアレルギーに対して効果を期待できるキャットフードですが、その他にも消化不良の解消や、肥満予防などの対策も行えます。消化が悪いものを食べていると腸内環境が悪化し、そこからアレルギーに発展する子も珍しくありません。アレルギー反応が出ている子の中には腸内環境が悪化している子もいるので、グレインフリーのキャットフードを与えることで改善が期待できます。

猫のアレルギーについて

猫も人間同様にアレルギー症状が出る可能性はあります。人間もアレルギーを抱えて生活をしている人は少なくありません。例えば多くの日本人が悩みを抱えているアレルギーとしてはスギ花粉が挙げられますが、花粉症などと言った言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。動物でも花粉症になる子はいますが、猫のアレルギーは主に食事が原因とされるものが多い傾向にあります。この場合の食事とはキャットフードのことを指します。

主な猫のアレルギー症状としては引っ掻く、舐めることです。例えば肉球のあたりを舐めたり、顎や耳の付近を後ろ足で掻く症状が見られることもあります。猫は動物なので喋ることはできませんから、直接飼主に症状を訴えることはできません。そのため、飼い主が日頃から愛猫の様子や行動の変化を見極める必要があります。

引っ掻く、舐めるという行動であれば重症な症状ではありませんが、アレルギー症状が深刻化すると今度は内蔵に影響を与えます。例えば下痢をする、脱毛する、外耳炎になるといった症状です。下痢であれば食べ過ぎ時にも起こる可能性がありますが、いつもしっかりと分量を決めてキャットフードを与えているのにも関わらず下痢の症状が見られる時は、猫の身体に異変が起きている可能性があります。脱毛や外耳炎を治すためには、飼い主だけの力では難しいので、動物病院を利用することになります。

今回は症状の他にアレルギー対策ができるキャットフードなどについて紹介します。